NEWS
  • 2014TOP
  • ツール・ド・いくちじまとは
  • 大会概要
  • コース紹介
  • エントリー
  • 観戦について
  • アクセス
  • 宿泊について
  • よくある質問

報道機関の皆様へ

クリテリウム優勝のクース・ヤーレン・カース選手からコメントが届きました

2014.09.10

After the race on Ikuchijima we went to Onomichi for a stay in the U2 cycle Hotel. A place we already visited a day before the race, because we had to fix a problem with the derailleur cable of Koos his bike. At the Giant store we could see that this place was well suited for the start of a great ride over the amazing bridges that connected the island between Onomichi and Imabari.

But during our stay in the cycle hotel we also found out that this was a perfect place to spend the night. A quite big and very modern bedroom appeared when we opened our door. A good first impression. And an impression that became even better when we saw the bathroom. A great shower (something cyclist really like after a long and exhausting ride) and a bathtub made it possible the get rid of the sweat from that days cycling ride.

After a perfect night, in our room where it was allowed to bring the bicycle with us, a nice breakfast was waiting for us. This was a good combination of nutrition and drinks that a sportsman, or fanatic hobby cyclist, needs to start the day with. Altogether we were very glad that we good spend a night at this new hotel and would like the return there once in the future.

Kind regards,
Lars



いくちじまのレース後はU2サイクルホテルの滞在のために尾道に行きました。
私たちはクースの自転車のディレイラーケーブルを修正しなければならなかったので、私たちはすでに、レース前日に訪れていました。
ジャイアントストアのお陰で、私達はこの場所が、尾道と今治間の島々を繋ぐ橋の驚くほどに素晴らしく、
ライドに適しているところであることを知ることができました。

また、サイクルホテルでの滞在中、私たちは、夜を過ごすのにも最適な場所だったことが分かりました。
私たちは部屋のドアを開いたときに、大きくてモダンなベッドルームに驚きました。
とても良い第一印象。そして、私たちは、バスルームを見たときに、より良い印象になりました。
大きなシャワールームとバスタブにより、疲れた心も体も癒されました。

自転車を持ち込んだ私たちの部屋でゆっくりと過ごした朝、素敵な朝食が私たちを待っていました。
これはスポーツマンや上級サイクリストが、一日をスタートするために必要な栄養や飲み物の良い組み合わせでした。
私たちはこの新しいホテルで夜を過したすことができて、素晴らしい時間を過ごすことができ、また、ここに戻ってきたいと思います。

ありがとうございました。
ラース